【スイミング】日本選手権水泳競技大会 結果

お知らせ 2018.04.05

2018年4月3日より『第94回 日本選手権水泳競技大会』が 東京辰巳国際水泳場で開催されております。

日本最高峰の大会である今大会に ダンロップSC藤沢チームより 6名の選手が参加しております。社会人スイマー、大学生スイマーの中心の参加層の中、ダンロップSCの高校生スイマー達が 全力で挑戦してまいります。
皆様の 熱いご声援 宜しくお願い致します。

《第1日 4月3日 火曜日》
女子50m背泳ぎ 城戸 佑菜(藤沢)29.56 予選23位 BEST
女子50m平泳ぎ 平井 葉子(藤沢)33.18 予選25位
女子50m平泳ぎ 吉田 杏子(藤沢)33.44 予選29位

《第2日 4月4日 水曜日》
女子100m背泳ぎ 城戸 佑菜(藤沢)1:03.05 予選18位
女子100m平泳ぎ 平井 葉子(藤沢)1:11.83 予選25位

第3日の結果

連日 高いレベルの熱戦が繰り広げられている中、3日目は 女子50m自由形に 大内選手(高2)、栗山選手(高1)が参戦しました。全国JOからの連戦で疲れが見られますが、大内選手が 予選2位通過、準決勝6位通過で 明日の夜おこなわれる決勝競技へと 見事 駒を進めました。
明日も 全力を尽くして参ります。 皆様の 熱いご声援 宜しくお願い致します。

《第3日 4月5日 木曜日》
女子50m自由形 大内 紗雪(藤沢)25.71 予選2位通過 → 25.73 準決勝6位通過 → 決勝4/6
女子50m自由形 栗山 百花(藤沢)26.62 予選25位

第4日の結果

大会4日目となる 金曜日は 夜の決勝競技の部に 大内選手が登場いたしました。昨日の予選、準決勝と中々身体が動かずタイム的にも納得のいかないレースでしたが、大内選手は 今日一日 決して諦めることなく泳ぎの修正に努めました。その甲斐あって、表彰台は0.01秒差で逃してしまいましたが、25秒40の今シーズンベスト、インターナショナルD区分の突破のレベルの高い結果で 4位入賞を果たす事が出来ました。皆様の ご声援、本当にありがとうございました。
大会も いよいよ終盤戦、あと二日間 出場選手一同 全力を尽くして参ります。

《第4日 4月6日 金曜日》
女子50m自由形 決勝 大内 紗雪(藤沢)25.40 第4位(インターD)

第5日の結果

大会も終盤の本日は ダンロップSC藤沢所属の選手が5名 揃って出場いたしました。各選手とも 夜の準決勝進出を目指し、力泳を披露してくれました。その中で、大内選手(高2)が 女子100m自由形で14位で準決勝進出、準決勝ではタイムを大幅に上げて 明日の夜に開催される決勝競技へと駒を進めております。
明日は大会最終日、選手一同 全力を尽くして参りますので、ご声援 宜しくお願いいたします。

《第5日 4月7日 土曜日》
女子100m自由形 大内 紗雪(藤沢)56.96 予選14位通過 → 55.70 準決勝8位通過 → 決勝4/8
女子100m自由形 栗山 百花(藤沢)57.68 予選27位
女子200m背泳ぎ 金指 柚香(藤沢)2:16.66 予選26位
女子200m背泳ぎ 城戸 佑菜(藤沢)2:16.86 予選28位 BEST
女子200m平泳ぎ 平井 葉子(藤沢)2:32.74 予選26位

第6日(最終日)の結果

大会最終日、ダンロップSC藤沢の選手は 予選個人種目2種目、決勝1種目に出場いたしました。夜の決勝競技に出場した 大内選手(高2)、残念ながら準決勝よりもタイムを落とし 8位入賞となりました。
長期間にわたる 皆様のご声援 本当にありがとうございました。皆様のご声援に応えられるよう 更に上を目指して 全力で精進して参ります。

《第6日 4月8日 日曜日》
女子400m個人メドレー 金指 柚香(藤沢)4:51.65 予選21位
女子50mバタフライ 大内 紗雪(藤沢)27.44 予選15位
女子100m自由形決勝 大内 紗雪(藤沢)55.94 第8位