【千葉県鍼灸師会 学術講習会】スタッフ活動日記

おしらせ 2018.02.20

「なぜ認知症になると『におい』が分からなくなるのか」
~東京都健康長寿医療センター研究所 内田先生~

重要なテーマとして世界中で認知症の研究が進められています。その中で、嗅覚は認知症と密接な関係がある! と話題になっています。

仕組みは!!
①匂いを脳に伝える『嗅神経』は人体で唯一外界に接している神経。
②匂いの情報は嗅神経を伝って”記憶脳”と呼ばれる「海馬」にも送られる。
③よって脳が活性化され認知機能も向上する。

先生は” お灸 ”も温熱刺激プラス匂い刺激で脳の血流を増大させ脳の活性化に繋がると思う。とおっしゃていました。

私達、鍼灸マッサージ師は大きな声で、体の健康と脳の健康に大いに役立っていると皆様にお伝えします。

井上