【パーソナルトレーニング】トレーニングするトレーナーより

2020.01.31

霧の中の山道

先の見えない霧の中でも、道を知る案内人がいれば不安は和らぎます。一方、確かな情報も得ぬまま目的地を目指し、遠回りをしてしまったり、怪我をしてしまったりでは楽しくありません。

トレーニングも同様と考えています。トレーナーとして「信頼される案内人」となれるよう事前の準備は欠かせません。ただ、トレーニングの目的は人それぞれ千差万別。トレーナーは広範な知識が要求されます。またトレーニング理論や機器は日進月歩。どんなに学んでも終着点はありません。常に有用な情報を入手し、そこから学習し、実践に応用するという姿勢を崩さぬようにと思っています。

そのトレーナーとしての心構えは、顧みればトレーニングそのものから教わったように感じます。勉強をしていても運動をしていても、しばしば同じ警句が脳裏をよぎります。

学びて時に之を習ふ

《つまり「学習」は、「学(学問)」と「習(習熟)」から成り立っている。》

こと運動に関する理論は、実践してみないことにはその真価は計れません。「なるほど!」と思える情報も、知り得ただけで満足してしまっては教科書の受け売りになってしまいます。様々な場面にあてはめて考え、自身も取り組むことで理解が深まります。

つい先日も、腰への負担が少ない体幹トレーニングの研修で、まさしく言い得て妙だと感じることがありました。トレーニング方法を聞いただけでは十分に理解したとはいえません。またトレーニング自体も、1回だけ、1日だけでは効果は出ません。なので、要点を確認しながら、反復し、継続してトレーニングいました。実践したことで、筋肉への刺激や腰への負荷のかかり方を感じ、実施する上でのコツもつかめました。文字通り、体幹トレーニングが”身につき”ましたので、説明にも自信が持てます。

腰に負担の少ない体幹トレーニング

トレーニング方法を学び、反復練習して効果を実感するのは非常にうれしいことです(鏡を見る時間が長くなってしまう程です)。是非、パーソナルトレーニングをその”学習の場”にしてください。目標を共有するトレーナーとともに行うトレーニングは、より効率的で楽しいものになるはずです。

学びて思わざれば則ちくらし

《学んでも思考しないと身につかない》

学生時代に教わり、ずっと継続してきたストレッチが「違う」と言われた時、過去の努力を否定されたようで受け入れることが出来ませんでした。ですがよくよく考えると、そのストレッチはただ教わったまま、何の疑問も持たずにやり続けてきたことに気がつきました。『学びて思わざれば則ちくらし』です。

首里城公園の夜

何が「違う」のか、現在はどのような方法が推奨されているのかと考えると、素直に指摘を受け入れ、積極的に学習する意欲も沸きました。今度はただ教わったことを覚えただけではなく「なぜこのストレッチが良いのか」を熟思したので納得も出来ました。

『思いて学ばざるは則ちあやうし』という言葉もあります。情報収集を疎かにしていれば合理的な思考さえできません。近年はストレッチに限っても、動的ストレッチマシン、ストレッチポール、「肩甲骨はがし」など、様々な理論や商品、サービスが登場しています。その中には新常識となるものも、消えていってしまうものもあります。

パーソナルトレーニングなら最新理論を学習したトレーナーが、あなたの目的に合わせたトレーニングメニューをご提案します。トレーナーと情報を共有して、理にかなったトレーニングを始めましょう。

故きを温ね新しきを知る

《知識や経験を未来に活かしていきましょう。》

ダンロップスポーツクラブでは、今まで積み上げてきたパーソナルトレーニングの知見から、ある意味で前提を覆すようなご提案も致しております。

パーソナルトレーニングの利点はご要望に応じた形で進められることです。ですが「要望」を明確にするのは難しいことです。「減量したい」「筋力をつけたい」「柔軟性をつけたい」、漠然とは思いついても、突き詰めようとする程まとまらなくなることもあります。ひとつの理由は、その先の目標となる「美しく」「健康的に」の基準や指標が捉え難いものだからかもしれません。

飛び立つ鳥

そこで、今までご要望の多かった「ダイエット」と「ボディメンテナンス」を、それぞれパッケージにいたしました。カウンセリング、体成分組成や筋力、柔軟性の計測、基本トレーニングプランをパーソナルトレーニングとしてご提供しております。トレーニングの道筋が見えていれば不安は和らぎます。美と健康の道に終着点はありませんが、期間を区切り、ひとまず見えるところに目標を置けば足取りも軽くなります。お近くのダンロップスポーツクラブで、ともに歩むトレーナーを見つけてください。

お迎えするトレーナーとして「信頼される案内人」となれるよう事前の準備を致しております。ですが同時に、案内人なしで自主的にトレーニングに励む習慣もつけていただきたいと考えております。トレーニングを理解すること、実践すること、そのどちらも欠けることが無いよう、パーソナルトレーニングをご活用いただければ幸いです。

【パーソナルトレーニング】トレーニングするトレーナーより